病院や肺がんや大腸がんについて知る

病院博士

新着情報

2014/04/26
大腸を更新しました
2014/04/26
悪性腫瘍を更新しました

定義

byouin

病院は、病気を治療する為の施設です。
しかし、この病院という名称は医師が病気の治療を行っている施設全てで利用するという事は出来ません。
ある一定以上の条件を満たしている事によって初めて病院という名称を利用する事が可能となるのです。
その条件というのは、20床以上の病床数の入院施設を持つという物です。
その為、19床以下の病床しかないと言う場合には、病院という名称を利用する事は不可能となってしまうのです。
そうした19床以下の場合には診療所や、医院、クリニックといったような様々な名称が、現在では利用されています。

歴史

診療所の歴史というのは非常に長い。
世界で病院が最初に登場したのは、紀元前130年代のギリシアと言われています。
日本で最初の様式病院というのは、1557年にポルトガルの宣教師であるルイス・デ・アルメイダが大分県に建てた物だといわれています。
この様式病院では、外科手術が行われたり生活指導や、巡回治療といった様々な病気に対しての治療が行われていたという記録も残っています。

診療科

yamai

クリニックや診療所等では、それぞれの専門の診療分野というのが存在しています。
診療科に内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、小児科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科といったようには様々な種類が存在しています。
内科と外科では、更に細かく分類するという様な事も可能となっているため、医療の発展と共に診療分野が広がっています。
数多くの種類が存在している診療科ですが、標榜科と呼ばれる物が存在しています。
この標榜科というのは、外部に広告する事が可能な診療科名の事であり、定められている診療科名を利用するという事は不可能となっているのです。


外部リンク

糖鎖に必要な栄養素がこちら:糖鎖まるわかりガイド
免疫細胞療法について詳しく知る|新大阪NKクリニック